庄川と散居がおりなす花と緑のまち 砺波市

明るさを変更
Foreign Language
Twitter Instagram Youtube LINE 砺波旅
お知らせ

微小粒子状物質【PM2.5】に関する情報について

公開日時:2017年03月16日 11時51分 このページを印刷する

 PM2.5に関する注意喚起の状況(富山県)
 リアルタイム1時間値<速報値>(富山県)

 注意喚起の実施状況、県内観測局におけるPM2.5濃度の速報値については上記リンクから確認できます。

【注意喚起の判断基準】
 富山県では、県内の一般観測局における当該日のPM2.5濃度が、国の暫定指針値である日平均値70μg/m3を超えると予想される場合(※1)またはそのおそれがある場合(※2)に、当該日の午前中の早目の判断の場合は午前7時30分頃に、また、午後からの活動に備えた判断の場合は午後12時30分頃に県全域で県民に対し注意喚起が行われます。

(※1)「日平均値が70μg/m3を超えると予想される場合」とは、国の暫定指針で示された午前5時、6時及び7時の1時間値を局別に算術平均し、得られた平均値の中央値が85μg/m3を超過した場合、また、午前5時から12時の1時間値を局別に算術平均し、得られた平均値のいずれかが1局でも80μg/m3を超過した場合をいいます。
(※2)「日平均値が70μg/m3を超えるおそれがある場合」とは、国の暫定指針で示された判断基準には達していないが、国の基準よりも厳しく、より安全側に立った県独自の基準である午前5時、6時及び7時の1時間値を局別に算術平均し、得られた平均値のいずれかが1局でも85μg/m3を超過した場合、また、午前5時から12時の1時間値を局別に算術平均し、得られた平均値のいずれかが1局でも70μg/m3を超過した場合をいいます。

 当市では、県からの連絡を受け、速やかにホームページや砺波市緊急メールサービス等で市民の皆さんへ情報を提供します。
 なお、県では注意喚起の「解除」に関する情報提供は行っていません。当該日に実施された注意喚起は当該日の24時(日付変更)をもって自動解除されることとなります。

【注意喚起が実施された場合の対応について】
●外出をできるだけ減らす。
●屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
●屋内でも換気や窓の開閉を必要最小限にするなど、外気の屋内への侵入を少なくし、その吸入を減らす。
●呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者等は体調に応じて、より慎重に行動する。
●PM2.5によって、健康に影響が生じた人や不安のある人は最寄りの厚生センター(砺波厚生センター)に連絡する。

【砺波市緊急メールサービスでの「注意喚起」のお知らせ】
 注意喚起が実施された場合、砺波市緊急メールサービスの「その他」ジャンルに登録された方に注意喚起情報を配信します。是非ともご利用ください。
 ※緊急メールサービス登録は無料ですが、通信料は登録者の負担となります。(詳細はサービス利用規定をご確認ください)
 ↓↓↓
 砺波市緊急メールサービスに登録する方はこちら

【微小粒子状物質(PM2.5)】
 大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(μm)以下の小さなものを、微小粒子状物質(PM2.5:Particulate Matter)と呼んでいます。(髪の毛の大きさ:50~100μm程度)
※ 1μm=0.001mm
 PM2.5の発生源としては、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等の人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山等の自然起源のものがあります。

【PM2.5の環境基準】
 年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、日平均値が35μg/m3以下であること。
※環境基準とは、人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい基準として設定されたものであり、基準を一時的に超過した場合でも直ちに人の健康に影響が現れるというものではありません。

【健康への影響】
 この物質は、粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入りやすく、ぜん息や気管支炎など呼吸疾患や循環器系へ影響を与えると考えられています。

全国の大気汚染物質の濃度状況やシミュレーションモデルを用いたPM2.5濃度等の予測について、下記関連リンクからご覧いただけます。

カテゴリー

情報発信元

郵便番号
939-1398
住所
富山県砺波市栄町7番3号
住所2
本庁1階
電話番号
0763-33-1372
FAX番号
0763-33-6818