庄川と散居がおりなす花と緑のまち 砺波市

明るさを変更
Foreign Language
Twitter Instagram Youtube LINE 砺波旅
フォトライブラリ

利用規約

市内の風景等を自由にダウンロードできます。ご利用にあたっては利用規約を必ずお読みください。

(90) 先賢の夢の結晶 大堰堤

公開日時:2017年10月19日 15時01分 このページを印刷する

当時「東洋一」と謳われた小牧ダムができたのは昭和5年のことである。
眼前に堤長300m、堤高80mの大堰堤が、厳然と下流を見下ろしている。このダムは、まさに先賢たちの夢と英智と、汗の結晶であり、世紀のモニュメントである。
浅野総一郎が、高堰堤の建設を考えたのは大正5年であったという。その後、紆余曲折を経て、20年後にダムは完成した。
このダムが、耐震設計が確立された大型ダムのさきがけとして、現在もなお発電を続けていることから、平成14年3月、国の文化審議会は文部大臣に対して「国の登録有形文化財」とするよう答申した。